AWSのコト

AWSの運用について必要な知識を身に着けよう

awsの運用をするときにスクリプトを書けるエンジニアが必要な理由

awsは申し込んで必要なサービスさえ選んでしまえば簡単に運用できると考えていることもあるでしょう。しかし、自由度の高いサービスなのでawsを運用するときには適切な社内体制を整えることが必須です。その条件の一つとしてスクリプトを書けるエンジニアを確保することが挙げられますが、なぜそのようなエンジニアが必要なのでしょうか。

そもそも運用には何が必要なのか

awsの運用にスクリプトを書けるエンジニアが必要なのはなぜかを理解するためには、まず前提条件として運用に何が必要かを理解することが必須です。awsを運用するときには申し込んだサービスやアプリをただ利用していれば良いというわけではなく、割り当てられているリソースを適切に使用できるようにしたり、セキュリティーの管理をしたりすることが必要になります。

awsはクラウドサーバーを提供してもらえるサービスというのが基本になっていて、その上で利用できるサービスやアプリにも従量制の料金で申し込める仕組みなのが特徴です。提供されているサーバー領域は自前で管理しなければならないのが原則になっています。

このような基本の仕組みに基づくとawsの運用をするには何が必要なのでしょうか。安定してサーバーを利用できる状況を作るためのインフラを整えるのが最も重要なことで、一般的にサーバー監視と言われている業務の担い手が欠かせません。

サーバー監視とはサーバーのリソースが適切に使用されているか、サーバーの不具合が発生していないかなどといった状況をリアルタイムで確認し、リソースの効率的な利用が可能な状況を作りつつ、障害の予防や対策をすることです。

適切な監視をできるようにするためにはサーバーに詳しいエンジニアの力が必要になるのは明らかでしょう。

サーバー監視の目的をよく理解しよう

awsを運用するときにサーバー監視をする目的は安定してサーバーを利用できる環境を作り出すことです。社内の業務システムや顧客向けのサービスサイトなどをサーバー上で稼働させていると、頻繁にユーザーからのアクセスがあります。

その負荷のかかり具合によってリソースをうまく振り分けていかなければ動作が不安定になるリスクがあることは否めません。その不具合を解決するためにサーバー領域を大きくしてしまうとコストが無駄にかかるようになってしまいます。

容量を増やすと管理しなければならない範囲も広がるのでサーバー監視の業務負担も大きくなる問題があるため、最小限の領域を有効活用するのが大切です。サーバー監視はawsのサーバーを使用しているユーザーがいる限りは常に行っていなければならないのが原則です。

ユーザーがどのように利用しているかによってリソースの割り当てを逐次変更しなければならないことに加え、障害が発生したときには速やかに対処する必要が生じます。そのため、昔からサーバー監視は業務時間内は常に行える体制が整えられてきました。

残業をしているあるいは休日出勤をしている社員がいる現場や顧客にいつでもアクセスしてもらえるようにしている場合には、基本的には24時間、365日の対応が必要になっています。

サーバー監視でのスクリプトの必要性

サーバー監視でスクリプトを書けるエンジニアが必要なのは、スクリプトを活用することで業務負担の軽減と運用の効率化を実現できるからです。24時間、365日の体制でサーバー監視をする状況を作るのはコストもかかり、エンジニアの確保の大変さを考えると事業の継続性についても疑念が生まれざるを得ません。

この問題を解決できるのがスクリプトの活用で、監視の自動化を実現することにつながります。端的に言ってしまえば、こういう状況が生じたらこんな対応をするというのを自動化してしまえば、人が目で見ていなくてもある程度のリソースの最適化や障害への対応は可能です。

自動化のためにはスクリプトを書く必要があるため、その能力があるエンジニアが求められるのです。現場での運用状況に応じて適切なスクリプトを作成し、自動監視できる状況を作り上げることが必要になります。そのため、awsを導入した時点でスクリプトを全て完成させておくことは難しく、継続的にサーバー監視の自動化に取り組めるエンジニアが重要になっています。

社内エンジニアが必須かはケースバイケース

awsの監視のためのスクリプトを書けるスキルがあるエンジニアを社内エンジニアとして雇おうとすると人材を探すのが大変なだけでなく、雇用をするコストも大きな問題になりがちです。ただ、社内エンジニアが本当に必要なのかはよく考えてみなければならないでしょう。

確かに社内エンジニアがいれば常に新しいスクリプトを作り上げ、いつも安心して運用できる体制ができる可能性が高くなります。社内事情をよく理解している人が最適化をすれば効率が上がりやすいからです。しかし、スクリプトの作成を業務委託して対応することも可能です。

サーバー監視の代行業者に依頼して自動化を進めてもらう方法はよく行われています。運用の現状だけでなく、将来的な対応も含めて考えたい場合には社内エンジニアがいるに越したことはありませんが、当面の運用のサポートをしてもらいたいという考えであれば代行業者に任せてしまうのがコストパフォーマンスが高いでしょう。

監視体制は最小限にしよう

スクリプトを書いて自動化を進めることにより監視体制は最小限に抑えることが可能です。awsの利用にもコストがかかるので、全体的にかかるコストをいかにして削減するかは大きな課題になります。サーバー監視にかかるコストは初期からきちんと自動化を進めていけば長期的に見るとかなり抑えることが可能です。

大勢のサーバーエンジニアを常駐させて監視する体制を整えるのも方策の一つではありますが、最小限の監視体制にするという考え方を持った方がコストパフォーマンスは高くなります。最初は運用に支障が生じるリスクもないわけではないものの、長期的な視野でメリットが大きい方法を選ぶのが肝心です。

スクリプトを書けるエンジニアを手配しよう

awsの運用を効率良く行えるようにするためにはサーバーに詳しいエンジニアにスクリプトを書いてもらって監視の自動化を進めるのが肝心です。社内エンジニアがスクリプトの作成に常に対応できるようにする必要があるかはケースバイケースですが、業務委託によって確保することも考慮して安心して運用できる体制を整えましょう。